キャスト紹介

最初の妻・須賀役の橋本愛さん

2018/02/28


不吉な花嫁?西郷吉之助の最初の妻・須賀役は橋本愛さん。

吉之助と結婚した須賀


不吉な花嫁?西郷吉之助の最初の妻・須賀役は橋本愛さん。伊集院須賀(いじゅういん すが)は父の伊集院直五郎が御前相撲での西郷吉之助の活躍を観戦して、「惚れた」為に西郷家に嫁ぐ事になった花嫁です。

 

晴れの日である祝言の時にもひと言も話さず、笑顔もない陰気な花嫁に、吉之介の友人達は「能面みたいな花嫁」「笑わんし、ひと言もしゃべらん」と陰口を言っていました。ネットでも「暗い」「愛想がない」「笑顔が出来ない」といわれていた吉之助の一人目の妻・須賀。須賀の本心はどんな気持ちだったのでしょうか?

 

あの時代は親が結婚を決める時代。岩山の糸どんの様に他に好きな人がいたのでしょうか?伊集院家は薩摩で名門の家、須賀の家もその伊集院家につながる上士。西郷家は家の格も下士だし、お金もない貧乏な家、それが嫌だったとか?でも笑顔をつくるのは小さい時から苦手だった見たいですね。もしかしたら吉之助や西郷家が気に入らないわけでなく自分自身の問題かも知れませんね。

須賀役、ユイ役、貞子役の橋本愛さん

須賀役の橋本愛さんは熊本県熊本市出身の女優さん。まだ22歳なのですね。私は5年前のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の足立ユイ役のイメージが一番強いのですが、あの頃から大人びた雰囲気だった橋本愛さん。

 

2008年にお母さんが応募した「HUAHUAオーデション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。2009年映画「Give and Go」で初出演&初主演。

 

橋本愛さんは今回の西郷どんの須賀役、あまちゃんの 足立ユイ役でもちょっと影がある、主役の明るさの反対・陰気なイメージの役をされました。また2012年には「貞子3D」で貞子を演じられました。なので暗いのでは?というイメージがあるかも知れませんが

 

↓こちらは橋本愛さんが他の出演者と一緒に「貞子3D」の初日舞台挨拶に出演されている映像です。橋本愛さんの明るい笑顔と声が見れます。また舞台上でうろうろしている可愛い「生・貞子」も見れるのでぜひ見て下さい↓

来年は「いだてん」に出演?

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の脚本は「あまちゃん」でも脚本家だった宮藤官九郎さん。あまちゃんの主役だった天野 アキ役の能年玲奈さん、母役の小泉今日子さんの出演が取りざたされていますが、アキの親友・足立 ユイ役の橋本愛さんの出演もあるのではと考えます。そうしたら大河ドラマに連続出演になりますね。

 

今年の「西郷(せご)どん」で徳川時代の幕末・維新・明治を描いて、来年の「いだてん」では明治末から大正時代、昭和33年の東京オリンピックまで描くNHK大河ドラマ。わくわくして、見るのが更に楽しみになってきます。

橋本愛さんプロフィール

~西郷どんキャスト紹介~
・配役:伊集院須賀/西郷須賀
・本名:橋本 愛(はしもと あい)
・生年月日:1996年(平成8年)1月12日
・出身地:熊本県熊本市出身
・血液型:o型
・身長:165 センチ
・所属:ソニー・ミュージックアーティスツ
・出演作品:映画「桐島、部活やめるってよ」「寄生獣」「告白」「管制塔」「アバター」「Another アナザー」「リトル・フォレスト」 テレビドラマ「あまちゃん」「若者たち」 他

 

・追記:NHK大河ドラマは須賀役で初出演。映画「ここは退屈迎えに来て」に出演予定。橋本 愛さんのインスタはオススメです。

⇒ 吉之助と一人目の妻・須賀

⇒ 登場人物とキャスト紹介

 

~西郷どん(せごどん)「最初の妻・須賀役の橋本愛さん」でした。ありがとうございます。

 

スポンサーリンク





-キャスト紹介