キャスト紹介

西郷吉兵衛役の風間杜夫さん


吉之助の父・西郷吉兵衛役は俳優の風間杜夫(かざま もりお)さん。

父・西郷吉兵衛

↑薩摩言葉を練習中の風間杜夫さんと薩摩ことば指導の田上晃吉先生☆

 

風間杜夫さんが演じられる西郷吉兵衛は西郷龍右衛門の長男として生まれます。実弟は大山綱昌(大山巌の父)。吉兵衛は薩摩藩の勘定方として務め、西郷吉之助を筆頭に妻・西郷満佐子(キャスト:松坂慶子)との間に7人の子供を持つ父親となります。

 

しかし吉兵衛の生きた時代の薩摩藩は500万両もの借金を抱えて、財政は破綻寸前であり、家老の調所広郷の改革の中、下級藩士である西郷家はかなり経済的に厳しい状態となります。そんな中でも7人の子供たちは父母、祖父、祖母に守られて、貧乏でも明るく、愛情ある生活をおくります。

 

西郷吉之助の優しさと人間味は父の吉兵衛譲り。また大久保一蔵の父、大久保次右衛門(キャスト:平田満)とは昔からの付き合いで犬猿の仲です。息子、吉之助役の鈴木亮平さんとのシーンや、喧嘩友達の次右衛門とのシーンが楽しみです。

風間杜夫さんの経歴

風間杜夫さんは東京都世田谷生まれ。子供の頃から子役として東映作品に多数出演。大人になり1972年風間杜夫の名前でデビュー。テレビドラマ初出演は1974年NHK大河「勝海舟」でした。

 

1982年「蒲田行進曲(脚本:つかこうへい、監督:深作欣二)」の銀四郎役で有名となり、テレビドラマ「スチュワーデス物語」では主人公の千秋(キャスト:堀ちえみ)が憧れる村沢教官役を演じられて人気俳優となられました。

 

「蒲田行進曲」では西郷どんで妻・西郷満佐子役の松坂慶子さん、大久保次右衛門役の平田満さんと共演し、銀四郎、小夏 、ヤスの三角関係、恋の行方を見せてくれました。

⇒ 吉之助の父上と母上、一蔵の父上

 

若い頃の風間杜夫さんは今で言うイケメン俳優。昔で言うトレンディ俳優のはしりの様なイメージでとても女性に人気がある俳優さんでした。最近では映画「本能寺ホテル」での本能寺ホテルの支配人役の演技が記憶に新しいです。

大河は西郷どんで7回目の出演

風間杜夫さんのNHK大河ドラマ出演は「勝海舟」「元禄太平記」「獅子の時代」「おんな太閤記」「春の波涛」「八重の桜」そして「西郷どん」の7作品。

 

1985年の「春の波涛」では主人公の貞奴の恋人だったのに福澤家に養子に入り福沢諭吉の娘と結婚して、義理の息子となった福澤桃介役を演じられました。子供心に酷い男だと思った記憶があります(笑)貞奴役は松坂慶子さんでした。往年のファンは今回「西郷どん」でまた風間杜夫さんと松坂慶子さんが共演するのを楽しみにされていると思います。

 

ちょっと話がそれますが、「春の波涛」での役名、福澤桃介は名前に桃もつくし、私の中で色男のイメージがずっとありましたが、10年ぐらい前に岐阜県の恵那峡に行った時、たしか恵那峡大橋のところで福澤桃介の名前を見つけてビックリした記憶があります。福澤桃介さんは大井ダムや大井発電所の建設にも関わられていて、そういえばドラマでもそういったシーンがあった事を思い出しました。大河ファンとしては行った場所で昔見た大河の登場人物に関する発見をするのが、幸せな瞬間です。

風間杜夫さんのプロフィール

風間杜夫さん、西郷(せご)どんでは西郷吉之助の父役、楽しみにしています!

~西郷どんキャスト紹介~
・配役:西郷吉兵衛役(西郷どんの父)
・芸名:風間杜夫(俳優、声優、雀士、落語家)
・本名:住田 知仁
・生年月日:1949年(昭和24年)4月26日
・出身地:東京都世田谷区
・学歴:早稲田大学第二文学部演劇専修 中退
・血液型:O型
・身長:171cm
・趣味・特技:麻雀、落語、歌

・出演作品:「蒲田行進曲」「春の波涛」「スチュワーデス物語」「古畑任三郎」「人生劇場」「陽暉楼」「広島に原爆を落とす日」「異人たちとの夏」「ごめんね青春!」「本能寺ホテル」  他

 

・追記:連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」では村井修平役、「マッサン」では森野熊虎 役をされた風間杜夫さん。当時、森野熊虎 役はネットで実写版「紅の豚」だと評判になりました(・▽・*)

 

⇒ 登場人物とキャスト紹介

 

スポンサーリンク





-キャスト紹介