キャスト紹介

音楽担当の富貴晴美さん


西郷どんの音楽担当は富貴晴美(ふうき はるみ)さん。

西郷どんの曲の作曲家、富貴さん

富貴晴美さんはテレビ小説「マッサン」のスコットランド風のミュージックなどまだお若いのに素敵な音楽を既に沢山作られている作曲家、編曲家、ピアニスト。


富貴晴美さんは大阪府出身の33歳。笑顔がかわいい富貴さん。

琴線に触れる音楽の数々。

富貴さんの音楽を聴くと心が沸き立つ、心がざわざわする。不思議な感情が出てきます。琴線に触れるミュージックの数々。一言でいうと天才、そう文句なく思ってしまいます。

 

西郷どんの主役・西郷吉之助役の鈴木亮平さんはツイッターで西郷どんのテーマ曲を「底抜けに明るくて、美しくて、雄大で、でも悲しくて、だからこそ力強くて」とおっしゃっています。

西郷どんの一話「薩摩のやっせんぼ」でオープニング曲を聴くのがとても楽しみです。映像担当のL.S.W.Fの美しいオープニング映像と富貴 晴美さんの曲のブレンド!

 

⇒ 西郷どんのタイトル題字、メインビジュアル、タイトルバック制作はL.S.W.F

 

西郷どんの曲は奄美音楽とケルティック音楽が融合した、富貴晴美さんにとっても新たな挑戦となられたそうです。また「西郷どんの紀行のテーマ」は富貴さんの作曲で歌手のサラ・オレインさんが歌われます。

富貴晴美さんの音楽

富貴晴美さんが作られた曲はCMやドラマ、映画などで沢山使われていて、あの曲も?とおもわれる方もおられると思います。

 

最近では映画「関ヶ原」のオリジナル・サウンド。ドラマ「さくらの親子丼」の音楽。


NHKでは連続テレビ小説「マッサン」の音楽担当をされ、ケルト音楽と尺八で私たちをドラマの世界に連れて行ってくれました。北欧の民謡、ケルトのしらべ、素敵ですよね。そして2018年大河「西郷どん」では歴代最年少での音楽担当となられました。

 

日本アカデミー賞の優秀音楽賞は「わが母の記」と「日本のいちばん長い日」で2回受賞されています。

富貴晴美さんのプロフィール

富貴さん、これからも素敵な音楽を沢山聴かせて下さい(・▽・*)

~西郷どん制作スタッフ紹介~
・名前:富貴晴美(ふうき はるみ)
・音楽:作曲家、編曲家、ピアニスト
・生年月日:1985年(昭和60年)6月4日
・出身地:大阪府出身
・学歴・経歴:国立音楽大学大学院音楽研究科修了
・所属:インスパイア・ホールディングス

・出演作品:「マッサン」「関ヶ原」「アニメ 百日紅」「題名のない音楽会(編曲&ピアノ演奏)」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「コンサート 竹鶴政孝とリタ展「コンサート アイラブアイルランド・フェスティバル」  他 サラ・オレインさんに楽曲提供「Little Doll」「Sky’s Calling」など。

 

BGMにいい、西郷どんオリジナル・サウンドトラックの発売日も気になります(^o^)

⇒ 登場人物とキャスト紹介

 

スポンサーリンク





-キャスト紹介