感想

第10話「篤姫はどこへ」の感想

2018/06/05


薩摩藩の殿・島津斉彬公(キャスト:渡辺謙)のお庭方になった西郷吉之助(キャスト:鈴木亮平)

ドラマの5分の1が終わった、第10話

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」は今回で10話目。5分の1が過ぎましたが、今までの西郷隆盛像とはまた違う、鈴木亮平さん演じられている吉之助が魅力的で楽しく視聴させていただいています。

 

今までで一番違うのが鈴木亮平さん演じられる西郷吉之助が迂闊であけっぴろげ、真っ直ぐさでとても密偵とは思えない人物だということ。後年偉くなる西郷隆盛ですが、下級武士からの抜擢。郷中で競ってきた薩摩武士とは言っても、知識、情報は支配階級が持っている時代。

 

吉之助は蘭方医として品川宿の磯田屋で知り合った、福井藩の橋本 左内(はしもと さない)に知識がなさすぎて呆れられていましたが、あのくだりは最初はあんな感じだったのでは?「ほんとヤング西郷隆盛だ~」と感じて、見ていて楽しい流れでした。

 

橋本 左内(キャスト:風間俊介)、ヒー様の正体・一橋慶喜 (キャスト:松田翔太)、篤姫の教育係である幾島(キャスト:南野陽子)。彼らとの交流でまた吉之助は大きく成長するのでしょうか?人にキツイことや嫌味を言われても、わかっているのかわかってないのか・・あんまり気にしてない西郷吉之助の性格が気に入っています(笑)

 

そして斉彬公と篤姫(キャスト:北川景子)の親子。斉彬は本当に篤姫を可愛がっているようですが、徳川家定(キャスト:又吉直樹 )のもとへ嫁ぐ篤姫の事を吉之助に「於篤(おあつ)は不幸になる」と言ってしまう非情さも持っていて。斉彬公の発言を聞いた吉之助がショックを受けていましたね。次回、篤姫付用人となった吉之助がどの様に動くか楽しみです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!第10話「篤姫はどこへ」の感想でした。次の第11話の感想もお願いします。

⇒ 西郷どん感想まとめ

⇒ 登場人物とキャスト紹介

 

スポンサーリンク





-感想