感想

第24話「地の果てにて」の感想


薩摩藩の国父である島津久光(キャスト:青木崇高)に逆らった西郷吉之助(キャスト:鈴木亮平)は徳之島に、村田新八(キャスト:堀井新太)は喜界島に流される。

第24話「地の果てにて」の感想

寺田屋騒動では有馬新七(キャスト:増田修一朗)他、薩摩の仲間同士が戦い、多数倒れる悲惨な事件となりました。京の鍵屋では大久保一蔵(キャスト:瑛太)が自分を責めて謹慎していましたが、24話せごどんを見て思ったのは吉之助も一蔵も悲しみで前が見えないという状態ではなく、日本を変えようという意欲は更に大きくなり、更に大きな男になったという事です。

 

考えれば今までも吉之助と一蔵には数々の苦難がありました。吉之助は殿・島津斉彬公を亡くし、月照を亡くし、奄美大島に送られ、大久保一蔵はお由羅騒動で父は遠島になり、自分自身も長い間謹慎し不遇の時期が長かった。沖永良部島(おきのえらぶじま)に行った吉之助に海江田武次と大山格之助からそれぞれ手紙が来ましたが、明らかに吉之助と一蔵は常人より前を歩いている気がしました。

 

常人、俗人といえば、大河ドラマ「西郷どん」の島津久光(笑)。せごどん24話では久しぶりに登場した一橋慶喜(キャスト:松田翔太)に久光は「亡き兄上(斉彬公)の猿まねか?」「お主は兄とは似ても似つかぬ、ただの芋じゃねえか」と言われていましたね(笑)熱い久光とクールな慶喜、ひと目見て合うはずがないと思いましたが、かなりきつい事をいわれていましたね。ちょっといい気味と思いましたw

 

最初、間に入って丸く収めようとしていた松平春嶽(キャスト:津田寛治)が諦めて固まっていたのが笑えましたw 一橋慶喜が帰ってきて嬉しいですが、慶喜が「(大久保に向かって)俺と腹を割って話したければ西郷を連れてまいれ、芋では話にならん」と言った為に久光の気に触り、吉之助は徳之島から沖永良部島に流されてしまいましたね。徳之島では愛加那(あいかな)と子供たちにも会えて幸せだったのに・・5日間でまた離れ離れになってしまいましたね。

 

沖永良部島では「遠島の上、 囲いに召しこみ」という、島に流すだけではなく、さらに牢にいれる異例の罰・・というナレーションが入り、ドキドキしました。でも島役人の土持政照(つちもちまさてる) (キャスト:斎藤嘉樹)やその母・土持鶴(つちもちつる) (キャスト:大島蓉子) や島民たちは案外優しくて一瞬安心しましたが、川口雪篷(かわぐせっぽう)という流人が現れ、吉之助にキツイ現実を突きつけました。

メフィストみたいな川口雪篷

川口雪篷は吉之助に「人は裏切るもの」「土持、本当の事を言うてやれ」から始まり、続けざまにかなりキツイ言葉を浴びせましたね。私は川口雪篷はメフィスト(悪魔)みたいだなと見ながら思いました。言い方も酷すぎて、ひねくれている人物だなと憎くなりました。寂しい、苦しい状況でああ言う事を言われ、吉之助がほんと可愛そうでした。

 

川口雪篷を演じられているのは俳優の石橋蓮司さん。川口雪篷は24話の最後には牢を壊して吉之助を助けていましたね。口移しで水を飲ませていましたが(笑)今後は西郷吉之助や西郷家と深く関わってくる人物となります。

愛加那の祈り

吉之助は川口雪篷の言葉に傷つき、座禅を組み沈思する様になりましたが、吉之助の牢は海に近くて、暑い時や暴風雨の時など・・大変しんどい牢ですね。

 

妻・愛加那(キャスト:二階堂ふみ)が吉之助を思い、魔除けのハジキ(入れ墨)をした手を合わせて「旦那さまを守って下さい!」と神に祈るシーンは美しいものでした。そして吉之助は「守らんにゃならんものが、まだある」「おはんにしかできんこつがまだあっとじゃ、生きろ。まだじゃ!」と言っていました(自分に言っていた?)。これから吉之助は愛加那と息子・菊次郎と娘・菊草をお思いドン底から立ち直るのでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました!第24話「地の果てにて」の感想でした。次の第25話「生かされた命」の感想もお願いします。

⇒ 西郷どん感想まとめ

⇒ 登場人物とキャスト紹介

 

スポンサーリンク





-感想